コープあいち福祉基金


2017年12月25日

café わたぼうし             2017年度

申請テーマ

café わたぼうしを準備する会

2017年度 活動報告

通りを一本中に入った閑静な住宅街にあるCaféわたぼうし。民家の1階をカフェに、2階を今後目指す教室にと準備をしています。9月にオープンしたばかりのこのカフェ。日替わりで野菜たっぷりの食事を提供しています。内藤さんは家で食べる普段の食事ですとおっしゃいます。でも頭ではそういう食事を心がけるべきだとわかっていても、家ではなかなか品数多く、野菜をたっぷり摂ることは難しくありませんか。平成27年の名古屋市のデータで1世帯当たり 2.17人だそうです。全国的に1~2人世帯が増えている昨今、食べきれる量を考えるとそうそう品数は作れませんし、食材だって余らせてしまいます。子どもは少なく高齢者が多い地域。高齢者の方の中には一日一食という方もいるそうです。そういう方が「ここで一日分の野菜だね」と言ってこの店に来る。小さなお子さんを連れてたびたび来店するお母さんがいる。小さな子どもから高齢者まで、油をあまり使わないお母さんの味だからこそ毎日食べてもおいしく、地域の方が食事してそのままくつろいで過ごしていく。
人と人のつながりでつくっているお店です。口コミでひろがり、この地域のみなさんの「居場所となる」学校外の学校を目指し、まずは基盤となるカフェで、地域に住む色々な方たちが集まって楽しく過ごせる場所に。
“空き家を利用し、ここを通じて人と人のつながる場を提供します。”の目標に向かって、着々と地域に根付いてきているようです。

地域の人のつながる“場”づくりを。先ずは食事からです
地域の人のつながる“場”づくりを。先ずは食事からです
ただいま2階で待機中。学校外の学校はこれからです
ただいま2階で待機中。学校外の学校はこれからです

【記事についてのお問合せ先】

コープあいち 地域支援課

電話 052-703-1582

このページのトップへ