コープあいち福祉基金


2017年12月25日

NPO法人あいちかすがいっこ    2016-2017年度

申請テーマ

2016年よりの2年企画
・ママの文化祭®実行委員会 人材育成、家庭教育プロジェクト 
・相互援助の確立 子育て支援者養成講座

2017年度 活動報告

あいちかすがいっこさんでは今年度7回の子育て支援養成講座が企画されています。その内容は子育ての環境から成長、社会の問題、救命講習と幅広いです。今回、第2回の「子どもを育てるということ」の講習を訪問し、乳児院の家庭支援専門相談員さんのお話を聴くことが出来ました。みなさんご存知のように、乳児院は保護者の病気や離婚、虐待など様々な事情により子供の養育が困難であると判断された場合、赤ちゃん(3歳までの子ども)を保護する場所です。保育士、看護師、栄養士といった育児専門スタッフが生活と健康を見守り続けています。家庭支援専門相談員とは保護者との調整を図るお仕事です。親子関係の再構築のお手伝い、里親委託に養子縁組。乳児院を退所した子供の見守り、フォローをしています。厚生労働省は今、里親制度に力を入れています。ボランティア里親という子どもたちに家庭の雰囲気を知ってもらう短期間だけの里親もあるそうです。そして乳児院では現在、事情に合わせてのショートステイや、子育てふれあい教室という子育て支援をしている事はあまり知られていないと思います。一昔前の乳児院とイメージが大きく変わったのは、調理の方の力の入り具合にもあります。子どもの月齢で食事の刻み具合をきちんと変えていることや、季節の行事・誕生会では手作りのキャラクターを模したケーキなどを手作りしている写真を掲示したものを見て、子どもたちがしっかりお世話してもらえていると、来所した保護者の方が安心されているそうです。家庭支援相談員さんの“指導ではなく支援を”という言葉が、今の乳児院の子育てへの取り組み方を表していると思いました。

ママの為のイベント ママの文化祭
ママの為のイベント ママの文化祭
家庭支援専門相談員さんは子どもが家庭に復帰していけるよう調整・支援を行っています
家庭支援専門相談員さんは子どもが家庭に復帰していけるよう調整・支援を行っています
全7回の講座内容は様々。多方向から子育て支援を考えます。
全7回の講座内容は様々。多方向から子育て支援を考えます。
ここまで作ってくれる調理スタッフに脱帽。仕事を越えた頑張りです
ここまで作ってくれる調理スタッフに脱帽。仕事を越えた頑張りです

【記事についてのお問合せ先】

コープあいち 地域支援課

電話 052-703-1582

このページのトップへ