コープあいち福祉基金


2017年12月25日

NPO法人 ing          2016-2017年度

申請テーマ

2016年度からの2年企画
予防から希望へ~生きがいを支えるお出かけ支援事業~

2017年度 活動報告

見守り隊ミーティングに参加しました。当日は安城市社会福祉協議会の職員も含めて8名のスタッフの参加で開催されました。2年間の助成事業として、見守り講座研修費用や通信手段の簡素化と共有に使われています。今までは個人携帯での問い合わせでしたが、スマートホンに切り替えることにより、ラインでの支援会員内での情報の共有になりました。安城市内で30名余の方が年会費3000円にて利用会員となっており、支援会員は要支援1.2の方への支援(生活支援、買い物支援、通院の付添)活動を進めています。利用料金は、1時間800円。利用可能日は、月曜日から土曜日の9時から17時となっています。ミーティングによって、お一人お一人の利用会員さんの状況(状態)が見守り隊の中で共有されています。この間利用会員さんの中で4月からお二人亡くなられたことが報告され、ミーティング参加者の中で、涙ぐむ場面も。本当に人と人との関係づくりが大切なことを報告されました。この会議には、安城市市社会福祉協議会の職員も必ず参加しているとの事。新規会員のほとんどが地域包括からの紹介となっています。
 介護保険制度では対応できない状況(事態)が増えており、また一人暮らしで近隣の方には、なかなか相談できない状況の中で、ingさんの見守り隊の事業が市内全域に広がっていくためには支援会員の拡大と、行政や地区社協や社会福祉協議会との連携が求められます。

ミーティングの様子 情報を関係各所で共有する大事さを感じます
ミーティングの様子 情報を関係各所で共有する大事さを感じます

【記事についてのお問合せ先】

コープあいち 地域支援課

電話 052-703-1582

このページのトップへ