コープあいち福祉基金


2017年12月25日

なごや中村災害ボランティアネットワーク 2017年度

申請テーマ

防災フェスタ2017in 中村・中川

2017年度 活動報告

秋空の中(屋外での開催の為風が冷たく感じました)市内各区の防災ボランティアが創意工夫を凝らしてのブース参加となりました。ガラス飛散の疑似体験企画(卵の殻ロードを歩く)や障害者への理解を広めるためのブースでは、障がい者基幹相談支援センターの職員からの説明がありました。名古屋大学減災連携センターからは、地球の災害危険度を理解してみようの展示企画。また、アレルギーのある子たちへの支援(理解)を広めるために、支援ネットワークの方が災害時での食材の確保がいかに大変なのかを語って見えました。
 隣の中京テレビのステージにて、地域の小学校や高校生のパフォーマンス(踊りや太鼓)があり、大いに盛り上がっていました。
 子どもたちには、ちびっこレスキュー隊制服試着や防災服着装とスタンプラリーによる景品交換が人気の企画で、家族での参加を楽しんでいました。(お菓子がもらえます)
 当日寒い中でしたが、1000人近くの方々の参加がありました。このような催しにより、各区の防災ボランティアの会員のネットワークと、もっと会員さんが広がることを通じて、防災意識が高まることを期待します。

木造建築物の骨組み 揺らしてみます
木造建築物の骨組み 揺らしてみます
左と条件を変えて
左と条件を変えて
非常食の試食と防災商品の展示でコープあいちのブースも出ていました。
非常食の試食と防災商品の展示でコープあいちのブースも出ていました。

【記事についてのお問合せ先】

コープあいち 地域支援課

電話 052-703-1582

このページのトップへ