コープあいち福祉基金


2017年12月25日

自然に学び・ローゼルを育てる会     2017年度

申請テーマ

【福学市民】 連携して 強いローゼルの苗”福祉の花”を創る

2017年度 活動報告

ローゼルを育て、ジャム・茶葉などに加工して販売する。けれどもそれだけでは耳慣れない商品の購入には結び付きにくいです。社員食堂や今回の様に料理教室で味・使い方、その栄養価を知る事により消費につながります。大手企業の社員食堂での採用は大きな消費を生みました。次に問題となるのが安定した供給です。2年前、大きな台風とアオカビ病により大きな打撃を受けました。そこで農林高校の指導・協力のもとオクラやケナフに接ぎ木をすることにより、災害、病気に強い苗をつくることが出来ました。今年は台風で倒れても、起き上がってくる強い根となりました。また、そのきれいな赤色を活かした、サラダにかける「ろージュレ」の開発もされました。生産・加工だけではなくその商品をひろめて消費につなげる。それにより、増産へとうつる。
障害者施設で育てやすくして、障がい者の働く場を増やすこと、そして工賃アップにつなげること。
この団体はローゼルを育てることを通して、自然を大切にする「環境活動」と「福祉施設の自立」を支援することを目的に活動しています。現在この地域だけではなく、栽培に適した県外の温暖な地域の障害者施設でも動き出しています。

ローゼルの花のつぼみ。初めて見る方も多いのではないでしょうか。このガクまで使えます
ローゼルの花のつぼみ。初めて見る方も多いのではないでしょうか。このガクまで使えます
今回使用したローゼル商品 乾燥したローゼルにジャムに、飲料
今回使用したローゼル商品 乾燥したローゼルにジャムに、飲料
白玉だんごにローゼルジャムを、クッキーに乾燥ローゼルを砕いたものを混ぜて作りました。色が赤いのが判るでしょうか
白玉だんごにローゼルジャムを、クッキーに乾燥ローゼルを砕いたものを混ぜて作りました。色が赤いのが判るでしょうか

【記事についてのお問合せ先】

コープあいち 地域支援課

電話 052-703-1582

このページのトップへ