総代の活動

生協には議決機関である「総代会」を軸にした運営のしくみがあります。組合員が総代となり運営します。

コープあいち通信はこちら

総代の活動イメージ画像

総代って?

コープあいちはくらしの願いを実現するために、一人ひとりがお金を出し合い(出資)、商品やサービスを利用し、方針を決めて運営する「協同組合」です。大切なことは組合員全員で決めることが望ましいのですが、実際にはすべての組合員が集まって話し合うのは無理です。そこで組合員の代表によってコープあいちの方針を決めるのが総代制度です。

総代って?

総代の1年

総代交流会

任期   11月1日~翌年10月31日までの1年間

11月中旬~12月上旬 総代交流会

総代としての最初の活動の場です。総代の役割や総代会での流れがわかるように説明があります。前年度の総代のみなさんとも交流します。

春の総代会議

3月 春の総代会議

今年度の事業のまとめと次年度に取り組むことを話し合います。

5月 総代会議案検討会

総代会議案書(案)をもとに、地域ごとにしっかり意見を出し、話し合います。

通常総代会

6月 通常総代会

前年度の活動が総代会決定に沿って行われたか、今年度の予算・事業計画と活動計画などがくらしの視点からどうかなどを総代の賛否により採決します。

10月31日

任期終了。1年間お疲れさまでした。

任期終了

総代の役割

総代会に出席して、組合員の意見を受けて賛否を示すのが役割です。コープあいちでは方針づくりへの参加・参画を大切にしています。
方針づくりなどというと「総代って大変そう…」と思われるかもしれません。でも大切なのは、生協を利用して気づいたことや意見・要望を出して話し合うこと。話し合われたことをもとに、コープあいちの活動計画や予算をつくり、総代会で決定します。

総代会って?

「総代会」は、組合員の代表である「総代」が集まって、生協の運営に関わる重要な事項を決定する、生協の最高意思決定機関です。

総代になってみて

総代になってみて

総代になって、コープあいちの活動のことがよくわかりました。知らないことが多かったです。

右も左もわからない状態で総代に立候補。自分の母親と同じくらいの年代の方々が並ばれる中、2歳の娘を連れての参加は不安でしたが、毎回優しく迎えてくださり、またためになるお話しを聞かせていただき良かったなと思いました。

いろいろな視点から意見が出され、その場にいるだけで大変刺激を受けました。

(コープあいち通信アンケートから)

このページのトップへ