子育ての詩

ほんのちょっとしたことだけど、子どものしぐさに元気をもらったり、子どもの言葉に感動したり…子育てパワーアップ!大きくなった未来のわが子に伝えたいことや月日がたっても色あせない子育ての思い出など、100字ほどの詩や作文にしてみませんか。

子育てひろばイメージ画像

2017年度 夏の作品

宿題さっさとやりなさい!
お菓子の袋は食べたら捨てる!
靴下脱ぎっぱなしにしない!
野菜ちゃんと食べる!
お風呂でたらすぐ髪ドライヤーかけないと風邪引く!
出した物はすぐ片付ける!
早く寝なさい!

そんな私を尻目に主人は子ども達とテレビ見てゲラゲラ…

主人が𠮟れば波を打ったように聞き分け良いのに
私の言葉には…「あ~やる気なくなった~」

ならば次はどの手を打とうか

今日もやってくる夕方5時から夜9時過ぎ忍耐の4時間
今日も戦いの火蓋が切られる

貝谷 賛美 さん

あなたを見ていると「子供は褒めて育てなさい」という
言葉の持つ真実味を感じずにはいられません。

素敵な子に育ってくれましたね。

上の二人に手が掛かる分、末っ子のあなたにはあまり手をかけてあげられませんでした。

末っ子だからと甘やかし、とにかく褒めてばかりいましたね。

「すごいね」「さすがだね」「かわいいね」一日に何回こう声を掛けたことでしょう。

今あなたは、自分を信じる強さを持ち、人に寄り添い、愛を分け与えることのできる素晴らしい少女になりました。

強く、たくましく、まっすぐに育ってくれてありがとう。
今までもこれからもずっと 愛しています。

匿名希望 さん

「ママがいい」

困った顔の先生

「ママがいい」
くやしがるパパ

「ママがいい」
どんなに しかられても 言ってくれるのね

かわいいから ゆるしちゃうじゃない

「ママがいい」
うれしい言葉
いつまで 言ってくれるかな?
親離れしたら・・・ 独り立ちしたら・・・
うれしけど さみしくなっちゃう
子離れできるか 心配なママですが
これからも聞きたいな
たまにでもいいよ 変化形でもいいよ
「ママがいい」 「ママもいい」 「ママでもいい」・・・

いちご さん

「思い出の手ざわり」

知ってるよって 子供の真顔
テレビに流れるこもりうた
月夜の涼しい風のもと
赤ちゃんとおかあさんのうた
10年ぶりの夜の風
いつもの居間をふきぬけた
思春期中のごちゃごちゃが
ふんわりぽっちゃりほっぺたの
すべすべの夜にワープして

おやすみなさいって聞こえてくるね

うふふぴょん さん

とんとんして。
お昼寝のとき いつものように せがまれて、
背中をとんとんしていると、キラキラした目で お話がはじまります。

あのね・・・それでね・・・ ちっとも寝るようすがないので、
沢山遊んだでしょ。 お昼寝をして おやつを食べたら、また元気に遊ぼうね。
うん、わかった。 にこっと 目をつぶり しばらくすると、あのね・・・。

おもわず ふきだしてしまう私。
あー私の方が ねむたくなってきた・・・

あれ? とんとんしてくれるの? やさしいね。

中野 裕子 さん

「母になって」

心の悩み、苦しみ、疲れ、不安、とまどいがある。
やりたいことや好きなことができなくなり、自由がなくなった。

それとは、違う母になる喜び、
楽しみ、幸せ、癒し、感謝、ワクワク、愛情、
一歩ずつ前進して前向きな気持ち がどんどん増えていく。

今までとは違う 新しい世界が広がる。ときめいている。

ばなな さん

「娘たちへ」

ママのママ、ばあばはね、
ママが中学生の時に、 お星さまになったんだよ

ばあばはね、
あなたたちのおむつを洗うことが 夢だったんだよ
(今は紙おむつだから、洗わないけどね。)

ママは、ばあばがいなくて 辛いことも沢山あったけど、
ばあばと一緒に沢山笑ったしあわせな日々が
ママのこと支えてくれて、生きる力をくれるよ。

ママの夢はね、
あなたたちが可愛い赤ちゃんを産んだら、
あなたたちや、赤ちゃんを助けてあげる事だよ。

あなたたちが辛いときは 肩を貸し、
あなたたちが嬉しい時は、手をたたいて喜び、
一緒にお買い物をしたり、 料理を作ったり。

ばあばと一緒にしたかったこと。
それが、ママの夢だよ

当たり前のように転がっている幸せなんてない
それは、奇跡の積み重ねで

今、笑えることに 心から感謝して
私を母にしてくれてありがとう。

小絹 さん

待望の第3子誕生
生まれてきてくれてありがとう!

保育園通いのお兄ちゃんたち2人のために
ばあばが桜井家に助けに来てくれています
今日は赤ちゃんとお母さんの退院日

「お母さんがおうちに帰ってくるね」とばあば
お母さんはしばらく動けないから
ばあばがおうちのお手伝いするね、と
説明を受けていた5歳のお兄ちゃんは
「じゃあ、オレ、おかあさんのおせわする!」

それを受けて僕も負けじと2歳のお兄ちゃん
声高らかに
「じゃあ、オレ、ばあばのおせわする!!」

これにはばあばも苦笑して
「うーん、20年後にお願いしますネ」

桜井 星佳 さん

「朝のなき声」

我が家は、朝からいろいろな音がきこえる
ミーんミーん
せみがないてる。
ワンっワンっ
犬の散歩かな。
1.2.3.4...
公園のラジオ体操。

あ。
えーん、えーん、
ママ〜
我が子。

誰のどんななき声よりも、すぐにわかるかわいぃ我が子の泣き声。
ひとりのんびりできる時間も楽しいけれど、やっぱり賑やかなのが幸せだなぁ!
さぁ、慌ただしい朝がはじまる。
今日も笑顔いっぱいの一日になぁれ!

匿名希望 さん

「まよなかショッピング」

商品カタログを開くのは
しんとした音のない夜

おなじみ商品が目に入ると、
すっかり夢のなかのはずの子どもたちの、
これ好きー!おいし―!の声が聞こえてくる。

たとえコープのお店であろうと、
思いっきり駄々をこねられたら
「買いませんよ!」と、
カート爆走でレジに駆け込んで強制終了

でもカタログでのお買い物は
「そうだねえ、これまたおやつに食べよっか。
しかも今週ベストプライス!」

そんなかんじで
なんだかいいママになっている、
まよなかショッピング

渋皮まろ さん

「おばあちゃんの子育て伝」

こどもたちは
だいすきなままやぱぱに
背伸びして手を広げている

そのことに気づいたら
こどもの目線までしゃがむんだ

だいじょうぶ
それはとてもかんたんなこと

子そだては個そだてと
親がそう思える、
そんな、魔法なんだよ

と金ちゃん さん

電車の中で、0歳の赤ちゃんを抱っこし、2歳位の女の子と手をつないで
大きなバックを持ったお母さんを見た。
ついつい「子育て頑張ってね~」と心の中で応援したくなる。

私も10年位前は、髪を振り乱し、毎日バタバタと過ごしていたな~
と懐かしくなる。
NHKの子供番組を見せている間に夕御飯を作ったり、今日はどこの
公園に連れて行こうかと思案したり、今日は昼寝をしていない!と気にしたり、
ご飯を食べた、食べないで一喜一憂したり、
子供が眠くならないうちにお風呂に入れ、寝かしつけ、
「フー、1日終わった~」

今思うと、もっと肩の力を抜いたら良かったと思う。
でもそれだけ必死だったんだね、私。

子供の心配はずっと子供が大人になっても続くと言う。
今、長女の高校受験で大丈夫かな~とドキドキしている。
この事も何年かしたら、あんな事もあったなあ~と
笑って懐かしく思うのだろうか

ちゃしぶ さん

学校楽しい?
ゲーム、LINEやめなよ!
歯は磨いたの?
お風呂は入ろう!
勉強どうしたの?
また居眠りばかり!
進路どうするの?
もうスマホ取り上げたい!
一体何を考えているの?
帰るの遅いわ!

ねぇ、毎日!と?でいっぱいの虚しい会話を繰り返す親の気持ち、わかってる?
反抗期真っ只中の息子や娘たち、君たちだって、いつか親になったら嫌でもこの気持ち、必ず味わうんだぞ~!

こめたまご大好き さん

このページのトップへ