プレスリリース


2018年03月29日

愛知で、福島への想いを語り合う「夜の森のさくら」お花見交流会

コープあいちは、東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故を忘れない、
風化させないための「夜の森さくらプロジェクト」を応援しています。

福島県富岡町の「夜の森」の桜並木エリアは、今もなお放射能の影響で立ち入りが
制限されています。去年3月に、豊橋生協会館の開館と新福祉事業の開所記念とし
て、福島から送られた「夜の森のさくら」の苗木を植樹しました。

植樹から1年、桜のもとで復興への想いを語り合うお花見交流会を開催いたします。
ぜひ取材、ご紹介ください。

________________________________________

「夜の森のさくら」 お花見交流会
日 時 : 2018年3月31日(土)午前10時~13時
場 所 : 豊橋生協会館(豊橋市牟呂町松崎15)
内 容 : パネル見学、花見、軽食を食べながら交流、
福島の現状・福島県産の安全性の説明、等
________________________________________





【2017年3月の「夜の森のさくら」植樹の際のエピソード】

植樹に参加いただいたコープふくしまの方々からは、放射能汚染と向き合っての対応や
コープふくしまの組合員活動の取り組みについての報告と、桜が愛知の地で育ち、福島
とつながっていくことの願いが話されました。

福島から愛知に避難されている方も参加していただき、
「特別な思いのある、『夜の森のさくら』の木が豊橋に来ると聞いて一目見たくて来ました」
という言葉もいただきました。


■お問合せ先  (電話)052-703-1257  機関運営・広報部:平澤   東三河ブロック:紅林

18.3.28の夜の森のさくら
18.3.28の夜の森のさくら
福島への想いを綴った寄せ書き
福島への想いを綴った寄せ書き

このページのトップへ