【ビオ・マルシェのお試しセット口コミと評判】実際に注文して利用してみた私の体験談

野菜の中でも上質なものと言えば「オーガニック」「有機野菜」という言葉が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

有機野菜とは、2年以上農薬・化学合成肥料を一切使用しておらず、飛来農薬などの影響も受けていないまったくの汚染のない土で育てる有機栽培で育てられた野菜のことです。

無農薬野菜や減農薬野菜とは違い、土作りから収穫まで厳しい有機JAS基準のもと生産された野菜のみを有機野菜と呼びます。

今回はその有機野菜を購入できる食材宅配サービス、ビオ・マルシェの口コミや評判を紹介します。また特徴や利用方法についても紹介しますので、食材宅配サービス選びの参考にしてください。

無農薬野菜のミレーの評価
安さ
(2.0)
品揃え
(4.0)
安全性
(5.0)
(5.0)
総合評価
(4.0)
\有機野菜8品入って初回送料込み1,500円/

ビオ・マルシェの特徴


ビオ・マルシェは、有機JASが認定した野菜最高ランクと言える有機食材が種類豊富に購入できる会員制の食材宅配サービスです。

ビオ・マルシェでは1983年に創業され、2001年から本格的に「暮らしの真ん中にオーガニックを」をモットーに日本中に有機野菜を届けるサービスをスタートしました。

現在では西日本を中心に300ヵ所以上の有機栽培農家と提携し、野菜だけでなく、肉や卵、加工食品、調味料などもすべてオーガニックの商品を取り揃えています。

ビオ・マルシェの基本情報

ビオ・マルシェを利用するにあたっての基本情報をまとめてみました。

ビオ・マルシェの入会金・年会費

ビオ・マルシェでは年会費5,000円(税別)がかかります。さらに入会時にお預かり金として2,000円発生するので入荷時だけでも7,000円の諸費用が発生します。※お預かり金は退会時に返金されます。

なぜ年会費がかかるのか?

かなりの高額な年会費ですが、冒頭でも説明した通り有機栽培はとても厳しい生産システムで管理がとても難しく、そのため収穫される野菜にもばらつきが発生し、続ける農家や有機野菜を作りたいという農家はそう多くはありません。

年会費はこういった「有機野菜の未来のため」の研究に使われています。

年会費5,000円と聞くと高く感じますが、月々にするとわずか416円です。また、野菜セットを購入する際は配送料込みの料金となりますので、送料を前払い・負担していると考えればそう高く感じないのではないでしょうか。※自社専用車配送エリアのみ

初年度の年会費が実質無料!

オーガニック商品が気になるけど年会費が高いのが気になるという方に朗報です。新規入会特典として年会費5,400円分のお買い物券が貰えますので、初年度のみ実質無料で加入ができます。

ビオ・マルシェの取り扱い商品


ビオ・マルシェでは、有機農産物や有機加工品などを含む1,500点以上の商品を取り扱っています。卵や乳製品、希少な国産有機牛肉・オーガニックチキンなどの有機畜産物の購入も可能です。

海外のオーガニック認定商品

また、オーガニック(有機JAS制度)はもともと国際基準として始まったのもであり、ビオ・マルシェでは海外のオーガニック認証を受けた肉やハムなどの加工食品、調味料なども取り扱っているため、世界中のオーガニック商品が楽しめます。

送料込みの野菜セット

野菜セット種類 目的 内容 価格
多彩セット 野菜を沢山使う方向け 旬の葉菜・野菜8〜10品 2,600円
フルーティーセット フルーツ好きの方向け フルーツ・野菜7〜8商品 2,600円
いきいきセット 栄養バランス重視の方向け 旬の野菜と果物7〜9品、卵6個 2,600円
ゆうき大好きセット 使い切りサイズ1人〜3人家族向け 旬の葉菜・野菜・果物9〜10品 2,152円

自身の生活スタイルに合わせて4つの野菜セットから選択できます。どれも配送料込み(自社便のみ)の3,000円未満のセットになり、8〜10品の旬の野菜やフルーツが入っています。

また、野菜セットと一緒にネット注文又はカタログから追加の野菜や調味料なども一緒に購入できます。

野菜セットの内容はお届け予定日の2週間前にお知らせがきます。しかし、収穫状況により変更されることもあります。必ず欲しい野菜は追加で注文したほうが良いでしょう。

単品で購入

野菜セットの内容は変更ができないので、好みの野菜を購入したい場合は単品での購入もできます。単品だけの注文の場合は別途送料600円がかかってしまうので注意が必要です。

季節の手作りセット

「オーガニックのある暮らしを届ける」というコンセプトがあるビオ・マルシェでは、自身で手作りできるキットが販売されています。例えば、「梅干しセット」では、有機青梅と有機もみしそ、海の精(塩)のセット内容で容器は自身で用意します。

後はネットで作り方が公開されているので、手順取りに行うことで手作り有機梅干しが作れるというセットで、他のサービスにはないユニークな商品です。

毎週お届け登録商品

卵や牛乳、豆腐など毎日使うものを登録しておくと、それらの商品が毎週5%割引で購入できます。毎回注文する必要がなく買い忘れなどが防げるので便利です。

注文方法


注文方法は、ネット注文、カタログ注文、電話注文の3つになります。

まず、入会時に4種類の野菜セットの中から選択します。追加で欲しい注文がある場合は注文締切日まで「ネット注文」か「注文用紙」、「直接窓口に問い合わせ」より注文、変更が可能です。

配達エリア・料金

ビオ・マルシェの配達方法は、一部の地域のみ対応した自社専用車によるものと、北海道から沖縄まで全国配送が可能なヤマト運輸によるものがります。

自社専用車で配送が可能な地域は、【東京都、埼玉県、愛知県、三重県、岐阜県、大阪府、東京都、兵庫県、奈良県、和歌山県、広島県、山口県、福岡県】になります。※上記の中でも一部配送不可地域あり

配送料金

配送料金は配送方法、野菜セット購入の有り無しによって変わります。

自社専用車の場合
野菜セットの購入有り 無料(商品価格に込み)、単品追加がる場合も無料
野菜セットなし 1回の配送で一律600円
ヤマト運輸の場合
野菜セット有り 冷蔵と常温 冷蔵と常温と冷凍
3,000円未満 450円 1,500円
3,000円以上 345円 1,395円
野菜セット無し 冷蔵と常温 冷蔵と常温と冷凍
3,000円未満 1,050円 2,100円
3,000円以上 1,050円 1,995円

すべて税込み、北海道の場合800円、沖縄の場合1,500円の地方追加料金がかかります。

配達回数

自社専用車の場合、配達は週に1回でエリアごとに配送日や時間時間が異なります。前もって時間が知りたい方は公式ページより郵便番号入力で確認ができます。

不在の場合は再配達ではなく、専用の保冷ボックスに入れて玄関前か指定場所へ置いてもらうことができます。

ヤマト運輸の場合は、好きな曜日【月曜〜土曜※祝日可】、時間指定【午前中、14時〜16時、16時〜18時、18時〜20時、19時〜21時】が可能で、不在の場合は再配達となります。

支払い方法

月に一度の銀行口座自動引落しか、クレジットカード払いが選べます。どちらも手数料はかかりません。

食品の安全性


ビオ・マルシェはオーガニック商品(環境に配慮した商品)がメインとなっているので、ほとんどが有機JAS制度に基づいたものとなっており食材宅配の中でも安全性は最高レベルと言えます。

有機JAS制度とは
農林水産大臣によって定められたJAS(日本農林規格)の基準に合格した商品にのみJASマークの表示が許される制度です。この制度に合格するには、まず国の登録を受けた登録認証機関(第三の機関)から体制が十分と認証された「認証事業者」にならなくてはいけません。JAS規格にも様々な種類がありますが、有機JAS規格に合格していない商品に有機◯◯やオーガニック商品と表示して販売することは法律で禁じられています。
食材それぞれの安全性は以下のとおりです。

農産物 有機JAS制度に基づいた農作物のみの取扱を基準としているため、土作りから農薬の混入がないようにしっかりと管理されています。
畜産物 ポストハーベスト農薬(収穫後に使用される農薬)、非遺伝子組み換えの餌を与えた鶏や牛、豚の肉や卵、乳製品といった有機畜産物の取扱を基本としています。
水産物 水産物に関しては、日本海で漁獲でき、鮮度保持剤や退色防止剤などが使用されていないもの、養殖に関しても環境に配慮した方法で育てられたものだけを取り扱っています。
加工食品 原材料は基本国内で生産された有機農産物と有機畜産物と有機JASで許容された食品添加物のみを使用しています。
包装容器 環境ホルモン(生体内の正常なホルモンの作用に有害な影響を引き起こす外因性の化学物質あるいは混合物)を使用している可能性のある包装容器容器は使用しないことを徹底しています。

すべて産地や製造社の明記はもちろん徹底されており、国内で有機JAS基準で生産が厳しい農作物、畜産物、原材料に関しては海外産の有機JAS認定の農産物を取り扱うようにしています。

また、その土地の合った野菜や果物を育てており、季節の移り変わりによってその地域で育てられない場合は、例えばにんじんの場合3月〜6月が九州地方、7月〜11月は北海道など、他の生産地へリレーすることによって農家の負担を減らし、利用者にも年中安心の有機野菜を届けられるように工夫されています。

ビオ・マルシェのメリット・デメリット


ビオ・マルシェのメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

  • 有機商品が豊富に購入できる
  • 有機野菜の価格が一定
  • 送料が安い
農産物や畜産物、加工食品全てにおいてJAS規格に適合している有機商品を豊富に扱っている食材宅配はビオ・マルシェが一番です。

また、野菜メインの方は、野菜セットの購入で送料が無料(自社専用配達の場合)になるので他の食材宅配より送料を比較的安く抑えられます。

デメリット

  • 商品代が高い
  • 年会費が高い
  • レシピが付いていない
有機野菜はどうしても管理システムが難しい野菜になります、そのためどうしても手間ひまが係る分商品代が高くなってしまいます。

しかし、契約している有機農家とは価格に関して前もって話し合うことで、季節や天候に左右されず一定の価格で提供できるようにしているので、その点ではスーパーのように急に金額があがるということも起こりません。

ビオ・マルシェの口コミと評価

ビオ・マルシェの良い口コミと悪い口コミをそれぞれ紹介します。

良い口コミ

離乳食づくりをきっかけに、気になっていた有機野菜が購入したくて食材宅配リサーチ。らでぃっしゅぼーやかビオ・マルシェで迷ったけど、いろんな口コミ見たり野菜以外の食材も有機食品が多いからビオ・マルシェにした。年会費高いけど、野菜セットが配達無料だからあまりきにならないかな。

悪い口コミ

評価

良い口コミを見ると、安全な上に味が甘くて美味しい、季節の野菜が何が届くかわからないから楽しみにしているなど、やはり野菜をメインに利用されている方が多く、自然にも自分の体にもやさしくなるオーガニック生活に皆さんハマっているようです。

しかし、その中でもやはり価格が高い、届いた野菜をみて献立を探さなくてはいけないという悩みも見られます。

価格に関しては、毎日利用する食材は毎週お届け登録商品に登録して5%オフで購入したり、野菜セットと一緒に単品を購入することで送料を無料にするなど、割引特典などをうまく活用すると良いかもしれません。

レシピが付いていないときは?

野菜セットの内容は2週間前より公式ページなどで公開されているので、少し手間ですがネットで確認しておけば事前に献立を考えておくことができます。また、少し上級者向けですが公式ページで一つ星シェフの有機野菜を使ったレシピも公開されています。

ビオ・マルシェはこんな人におすすめ


ビオ・マルシェはこんな悩みや人におすすめです。

  • 安全性の高い食材がいい
  • 野菜以外の食品も有機のものがいい
  • 環境問題に興味がある
ビオ・マルシェの食品は、有機食品を買い求めたいという方にまさにピッタリのサービスです。野菜だけでなく、お肉や無駄な添加物などは一切使用していない加工食品や調味料まで有機JAS規格のものでそろえられます。

ビオ・マルシェのお試しセットの内容

ビオ・マルシェでは、有機JAS認定の季節の野菜が通常2,808円のところ1,500円(税込・送料込)でお試しセットの購入できます。

初回の1回限りなので、有機野菜って普通の野菜と本当に味が変わるのか、どれくらいの大きさなのかなど実際に見てみたいという方におすすめです。

お試しセットの内容は、通常の会員のみが購入できる「多彩セット」と同等のセットとなっており、内容は季節によって異なりますが、以下のとおり有機JAS認定の国産野菜が8〜9品入っています。

  • 根菜3種
  • 葉物3種
  • 果菜3種
  • 商品カタログ
  • 入会案内
お試しセットを試してみて、良かったという方はそのまま入会ができ、新規入会特典として年会費相当の5,400円分のお買い物券が貰えます。

また、お試しセットを注文していで入会した方には、ビオ・マルシェの人気商品5品が無料で貰えちゃいます。

お試しセットの申し込み方法

お試しセットの注文方法は、ネットからの申込みか電話からの申込みの2つの方法になります。

お試しセットの注文からお届けまでの流れは次のとおりです。

STEP.1
ネットでお申込み
ネットの場合はビオ・マルシェの公式ページにアクセスし、「お試しセットの申し込み」ボタンをクリックし必要事項を入力します。電話の方はホームページに記載の電話番号にかけて申し込みます。
STEP.2
注文確認の連絡
ビオ・マルシェより注文確認の連絡とお届け日時の確認連絡がきます。
STEP.3
お試しセットor資料受け取り
セット内容や食材の痛みがないかなど確認しましょう。
STEP.4
申し込み
そのまま食材が気に入れば本申込を行えます。気に入らなければもちろん申し込む必要はありません。
\有機JAS認定の野菜8品で1,500円!/

オーガニック生活を身近に

私達の食生活には、スーパーで購入できる国産・海外産の食材や、食材宅配サービスで購入できる減農薬野菜など様々な選択肢があります。

しかし正直なところ、どれが安全なのかと言われると基準が曖昧です。そこで食材を選ぶ上で一つのものさしとしとして生まれたのが国際基準のJAS規格です。

つまり、有機JAS規格は私達の安全な食生活の選択肢の基準になっていると言えます。

ビオ・マルシェで購入できるオーガニック商品は、有機JAS基準によって生産されているため価格は高くなりますが、食材宅配サービスの中でも安全性が最も高いサービスと言えます。

新規入会特典として年会費相当の5,400円分のお買い物券が貰えますし、商品の価格も野菜セットが3,000円未満と決して高すぎるということはありません。

まずは有機野菜の味を試してみたいという方は通常2,808円のところ1,500円(税込・送料込)で購入できるお試しセットがおすすめです。

ビオ・マルシェのお試しセットについて詳しくはこちら