値段が一番安い食材宅配サービス比較【食費節約】

食材宅配サービスの利用で一番心配なのがやはり料金面ですよね。

食材宅配の食材は、厳しい基準のもと生産されてものがほとんどなので、スーパーの食材よりどうしても高くなってしまいます。おまけに送料までかかるので、全体的にコストがかかってしまうのは致し方のないことでもあります。

そこで、食材宅配会社の料金を徹底的に比較し、安さ重視の食材宅配サービスを紹介します。

「スーパーの食材より安全なものが買いたいけどあまり変わらない値段が良い」「自分の居住地で一番安い食材宅配を知りたい」という方はぜひ参考にしてみてください。

価格が安い食材宅配サービス総合ランキング


品揃え、食材費、送料全てにおいて評価が高く価格が安い食材宅配サービスをランキング方式で紹介します。

パルシステム

食材宅配の中で最も食材単価が安く、安全性も高いサービスになります。品揃えも豊富で、1,000円未満の野菜セットや時短に便利なすべての食材をカット・下処理済みの「時短ごはんセット」が大変人気です。

商品の価格や配送料、品揃えにおいて全体的な費用が安くなっています。例えばにんじん400gで138円〜となっており、品質も高い商品が豊富です。また、配達エリアも生協の中では多い方になります。

コープデリ

利用数が利用者315万世帯と食材宅配のなかでダントツで多い人気のサービスです。食材宅配サービスならではの時短アイテムの冷凍食品やカット済み食材ミールキットも豊富にあるので、まさに食材宅配サービスとスーパーのいいとこ取りです。

コープデリもパルシステム同様生協の食材宅配サービスになります。配達料も生協の中で最も安く、食材も高品質で安全性が高いものだけを使用しています。

ヨシケイ

毎週決められたメニューの食材とレシピが届くヨシケイ。食材費も安く送料も無料のためコストパフォーマンス長けています。全国に支店があるため、引っ越しなどをしても利用し続けられます。一人前300円からお試しができます。

ヨシケイは、当日分の食材キット(メニューごとの注文)を毎日自宅まで配達してくれるというサービスになります。しかも配達料は無料でルート便ですが全国に支店があるので、場所を選ばず気軽に始められます。

食宅便

1食あたり560円〜と冷凍弁当の中では価格が安く、お弁当の種類も豊富です。ケアシリーズでは塩分やカロリーを抑えた弁当など目的別でお弁当が注文できます。お弁当以外にも健康食品や野菜スープ、ロールケーキなどのスイーツまで購入できます。

冷凍弁当の中では、一個あたりの価格が安く送料も比較的安くなります。それに加え、カロリーや塩分を控えた栄養バランスのとれた食事がレンジで温めるだけですぐに食べられるので、一人暮らしの方や、健康志向な方におすすめのサービスです。

オイシックス

オイシックス(Oisix)は、「自分の子どもに食べさせられる野菜作り」の安心をモットーに、農薬を極力使用せず有機質肥料を使用して栄養たっぷりの野菜や果物を提供しています。

食材宅配サービスとして名前は聞いたことあるという人も多いのではないでしょうか?オイシックスはらでぃっしゅぼーや同様、スーパーより高くはなりますが厳しい基準のもと食材の生産・加工を行っているので、味や安全性についてはトップクラスの品質です。

サービス内容別で食材宅配料金を徹底比較


各食材宅配サービスの内容別(食材、料理キット、冷凍弁当)と送料を料金比較してみました。

商品別食材価格を比較

夕食食材宅配会社 にんじん 卵6〜10個 牛乳1L
オイシックス 280円/
400g
350円〜 304円
大地を守る会 298円/350g
(規格外)
603円
(平飼い卵)
412円
らでぃっしゅぼーや 298円/500g 321円 298円
ビオ・マルシェ 298円/
400g
778円
(有機平飼い卵)
514円
ミレー 280円/
400g
459円 308円
坂ノ途中 600円/1kg 600円
コープ・デリ 267円/600g
(不揃い)
224円 183円
パルシステム 138円/
400g
261円 225円
生活クラブ 280円/500g 268〜294円 267円(900ml)

※メニューや時期などによって多少変動しますのであくまで参考になります。

商品別食材価格を比較してみると、全体的に一番安のはコープデリです。その次がパルシステムと生協が安い価格となっています。

全国区に対応しているところでは、らでぃっしゅぼーやが比較的安いと言えます。

料理キット(ミールキット)の価格比較

サービス会社名 2人前 3〜4人前
オイシックス 1,480円〜 2,764円〜
らでぃっしゅぼーや 920円〜 1,840円〜
大地を守る会 1,278円〜 1,833円〜
ヨシケイ 1,100円〜 1,750円〜
パルシステム 1,000円〜 2,000円〜
コープデリ 780円〜 1,480円〜

※メニューや時期などによって多少変動しますのであくまで参考になります。

料理キット(ミールキット)で一番安いのは、コープデリになります。食材も安心安全のものだけをしようしており、調味料もついてくるので言うことなしのおすすめです。

冷凍弁当価格比較

サービス会社 価格帯
わんまいる 5食分で3,686円〜(1食あたり737円)
ウェルネスダイニング 7食分4,300円〜(1食あたり614円)
食宅便 7食3,920円〜(1食あたり560円)
ナッシュ 4食2,800円(1食あたり700円)
ニチレイフーズダイレクト 7食5,500円(1食あたり785円)
ヨシケイ夕食net 3食分で1,020円〜(1食あたり340円)

冷凍弁当や冷凍惣菜に関しては、コースや食事内容、ヘルシーメニューなどの目的別によっても価格がことなりますのであくまで目安になります。

一番安いのは、文句なしのヨシケイ「夕食net」の1食あたり340円とかなり安めの価格になります。ただ他社との違いとしては、目的別栄養バランスの有り無しや食材の品質(国産か外国産)などの違いと言えます。

冷凍食品に関しては、届いてからも長期保存が可能なため多めに注文し、弁当1個あたりの配送料を安く抑えることで全体的なコストが安く済みます。

送料(手数料)の比較

サービス会社 配送方法 送料
オイシックス ・ヤマト便 ・200〜600円

6,000円以上無料
大地を守る会 ・ヤマト便
・ルート便
・ヤマト便・定期便(0円〜961円)、16,200円以上無料
・ルート便(0〜302円)
らでぃっしゅぼーや ・ヤマト便
・ルート便
・ヤマト便(0〜900円)、5,000円以上無料
・ルート便(0円〜600円)
ヨシケイ ・ルート便 無料
ビオ・マルシェ ・ヤマト便
・ルート便
・ヤマト便(345〜945円)、
・ルート便(600円)
坂ノ途中 ・ヤマト便
・ルート便
・ヤマト便(637円〜1188円)
・ルート便(270円〜500円)
ミレー ・ヤマト便 0円〜1,500円
(地域や購入金額によって異なる)
・9,000円以上無料
コープデリ ・ルート便 80円〜200円
(条件によって割引有)
パルシステム ・ルート便 180円〜200円
(地域によって異なります)
生活クラブ ・ルート便 150円〜400円
(地域・条件によって異なります)
わんまいる ・ヤマト便 一律850円
(北海道、沖縄は1,950円)
ウェルネスダイニング ・ヤマト便 一律700円
(定期会員350円)
ニチレイフーズダイレクト ・佐川急便
・ヤマト運輸
・一律800円
・5,000円以上無料
ヨシケイ(夕食net) ・ルート便 ・無料
・東京23区の一部地域108円
ナッシュ ・ヤマト便 760円〜1,970円(地域によって増減)
10食以内の場合
食宅便(日清) ・ヤマト便 390円(2セット)

送料だけを見ると、一番安いのは断然無料のヨシケイです。ついで、コープデリなどの生協となっています。どちらも自社トラックによるルート便です。

ヤマト便で一番安いのは、冷凍弁当ならウェルネスダイニング、食材なら、オイシックスからでぃっしゅぼーやになります。

食材の品質にはこだわりたいけど、送料が気になる方はヨシケイか生協の食材宅配を選びましょう。

安さ重視なら生協がおすすめ


価格比較表でもわかるように、食材一点の安さは、生協系の食材宅配サービスの方が群を抜いて安くなっています。

生協は組合の出資によって運営されるサービスになるため、利益が目的ではなく、地域の支え合いが目的なため消費者目線での価格設定となっています。

生協の中で配達エリアが一番広いのは生活クラブ

生協は、食材費も安く送料も安いため、できればこちらの食材宅配サービスを選びたいですよね。しかし、生協は地域ごとに名称やシステムが変わります。

紹介した生協の食材宅配の中で、配達エリアが一番広いのは生活クラブになります。しかし、生活クラブの配送エリア内でも個別配送が対象外の地域もありますので注意が必要です。

コープデリ 8県
パルシステム 1都10県
生活クラブ 1都2府17県

生協の配達方法は、自社トラックのルート便のみがほとんどなので、自身の居住地が配達エリア対象なのかしっかりと確認しましょう。

生協の口コミについて詳しくはこちら
【コープデリの口コミと評判】おすすめのミールキットとお試しセットを紹介【パルシステムの口コミと評判】実際に注文して利用してみた私の体験談【生活クラブお試しセットの口コミと評判】メリット・デメリットから分かる評価

生協がない地域の人はヨシケイがおすすめ

生協の配達エリアにガ該当しない場合は、配達料が無料のヨシケイがおすすめです。ヨシケイはほぼ全国に支店がありルート配送が可能です。※「ヨシケイ夕食net」は対象エリア指定あり

ヨシケイについて詳しくはこちら
【ヨシケイお試しセットの口コミと評判】実際に注文して利用してみた私の体験談

食材宅配サービスの節約方法


食材料金や送料が安い食材宅配会社を紹介しましたが、サービスをさらにお得に利用する方法について紹介します。

食材宅配サービスの節約する方法

    • 定期購入コースを選ぶ
    • 子育て割引があるところを選ぶ
    • ルート便を選ぶ

定期購入コースを選ぶ

ほとんどのサービス会社が定期コースに入会すると、通常で購入する時よりも最大10%から20%割引で購入できるか、送料が割引になります。

「定期だと毎回購入しないといけない」と思われがちですが、定期コースはいつでも解約・休止が可能なのでそこまで心配することはありません。

子育て割引があるところを選ぶ

食材宅配サービスの利用者で最も多いのが子育て・共働きのママです。コープやパルシステムなどの生協では、3歳未満〜就学前までのお子さんがいる家庭は配達料が最大無料になる子育て割引制度があります。

生協以外では、らでぃしゅぼーやの「ベビー特典」で妊娠期間中や3歳未満がいる方は最大36ヶ月配送料が無料になります。※自社配送対応エリアのみ

ルート便を選ぶ

先ほどご覧頂いた送料比較でもわかるように、ルート便を利用することで送料が格段と安く抑えられます。ヨシケイに限っては毎日の配達でも送料が無料なので大変お得です。

配送方法がヤマト便かルート配送が選べる場合は、自社トラックによる配達可能エリアの方はルート配送を選ぶようにしましょう。

料金以上の価値を検討する

食材宅配サービスを料金の面から分析、説明をさせていただきました。結果、最も料金が安くおすすめなのが生協のパルシステムかコープデリになります。

しかし、生協は配達可能エリアが限られてくるので、その場合はヨシケイを検討してみましょう。ただし、ヨシケイは食材費は安く配達も無料ですが、食材の品質に関しては外国産が含まれていることもあるため他社より安全性は劣ります。

食材宅配サービスを探す際、料金面は大きな争点になるかと思いますが、料金のみで即決してしまうとその他の部分で合う合わないが出てきてしまい結果的に後悔することも少なくはありません。

そうならないためにの最善策としておすすめなのが、お試しセットや資料請求などをちゃんと行い、サービスについてしっかりと確認しておくことです。

お試しセット、資料請求について詳しくはこちら
【食材宅配お試しセット比較】価格や内容からみる一番おすすめはどれ?【資料請求可能な食材宅配サービス】じっくり検討したい人向け