【野菜宅配サービス比較】有機野菜・減農薬野菜の宅配おすすめランキング

家族の健康や美容のためにも、毎日の食事では少しでも良いものを体に取り入れたいものです。

でも、栄養バランスを整えるため、野菜の摂取は心がけたいけれど、安全性は気になるところ。

減農薬野菜・有機野菜なら、安全性はもちろん、栄養価のレベルも高くとても美味しいものですが、そうした野菜を農家から直接仕入れることは難しいものです。

そこで、減農薬野菜・有機野菜の食材宅配を使ってみてはどうでしょうか?

食材宅配サービスの会社の中には、減農薬野菜や有機野菜を作る農家と契約しており収穫後、新鮮なうちに宅配してくれるところがいろいろあります。

上手に使って、体に優しい生活を始めませんか?

減農薬と有機野菜の違い


健康意識が高まる現代、減農薬野菜、有機野菜など、よく耳にしますが、この2つの違いはいったいなんでしょうか?

まずはこの2つの違いについて詳しく説明していきます。

減農薬野菜とは?

減農薬野菜は、できる限り農薬や化学肥料をできるだけ使わずに栽培された野菜のことで以下の厳しい条件を満たしたものになります。

  • 慣行より50%以上農薬を減らす
  • 特別栽培の認証
減農薬野菜は、同じ地域、時期にを一般的に使用される化学肥料や農薬の半分以下の回数で育てた野菜のため、化学肥料や農薬をまったく使っていないというわけではありません。

有機野菜とは?


有機野菜とは、栽培方法や使う肥料に公的基準を設ける有機JAS規格に従った農産物のことで、オーガニック野菜と呼ばれることもあります。

その基準とは以下の条件を満たした栽培方法になり、この基準を満たしていないものは有機JAS規格(マーク)を付けて販売することは法律で禁じられています。

  • 化学的に合成された肥料・農薬を使用しない
  • 遺伝子組換え技術を利用しない
  • 3年以上、有機肥料で土づくりした土壌で育つ
簡単にいうと、国から有機栽培を認められた認証事業者のみが3年以上かけて堆肥を使用し良質な土で化学肥料や農薬を使わずに育てた野菜のことです。

上記の基準を満たしておらず有機野菜として認められない野菜は減農薬野菜として販売されます。

有機野菜は日本ではまだまだ生産が乏しく国内の耕地面積の中でも有機畑の割合は0.22%程度しかありません。有機農業先進国ではイタリアが8.6%ともっとも高くなっています。

有機農家がなかなか広まらない理由としては、栽培技術の難しさはもちろん、農薬以外の厳しい規定(毎年の認定更新、使用する資材の限定など)を守らないければいけないという現状があるためです。

このため有機野菜は安全度で言えば最高レベルと言えます。

美味しい野菜は土作りから違う!

有機・減農薬野菜の栽培は土作りの段階から厳しい基準があると覚えておきましょう。有機農家の愛情と自然の力だけで育てられた野菜は栄養価も味も通常の野菜と格段に違うのがわかります。

減農薬・有機野菜の食材宅配を使うメリット


減農薬野菜や有機野菜の食材宅配を使うメリットとしてあげられるのは以下のとおりです。

野菜を食材宅配で注文するメリット

    • 安全性が高くて安心
    • 味が美味しい
    • 野菜で旬を感じられる

安全性が高くて安心

各食材宅配会社は、有機栽培や無農薬農法を行う農家と契約して安全なものを取り寄せているため、スーパーマーケットで売っている野菜などに比べると断然安心な食材が届きます。

原産地や製造方法をきちんと表示しているものも多くさらに安心度が高まります。

味が美味しい

何より嬉しいのは、減農薬野菜や有機野菜はみずみずしく美味しいことです。

ハウス栽培なども避けているところが多いため、太陽の光をたっぷり浴び、すくすくと育っているので、滋味深い味わいです。

素材が良いと料理するのも楽しくなって、毎日の食卓が豊かになるうえ、料理の腕前も自然と磨かれます。

旬を感じられる

スーパーマーケットなどでは、年中同じ野菜が出回っていることもありますが、減農薬野菜や有機野菜の食材宅配では旬の野菜が届けられます。

季節ごとの美味しさを楽しむことは、食事が楽しくなるうえ子どもの食育にもつながります。

減農薬・有機野菜の食材宅配を使うデメリット

減農薬野菜や有機野菜の食材宅配を使うデメリットとしてあげられるのは以下です。

野菜を食材宅配で注文するデメリット

    • 値段が高い
    • 農薬を全く使わないわけではない

値段が高い

農薬や化学肥料を減らしているため、雑草の刈り取りや肥料作りを丁寧に行うので、減農薬野菜や有機野菜はどうしても高くなってしまいます。

流通量が少なく、送料などの負担もかかってしまうため販売価格が高くなってしまうのです。

しかし、手間暇かかっているぶん材料というより管理費にお金がかかっていると考えましょう。

農薬を全く使わないわけではない

減農薬野菜は慣行の50%以下の農薬の使用量、有機野菜は有機JAS規格で定められた農薬の使用量と決まっていますが、農薬を使わないという条件ではないです。

しかし、無農薬野菜が必ずしも安全というわけでもありません。あまり良質ではない土で無農薬で育てればすべて無農薬野菜にはなりますが、味が美味しいかどうかは別です。

減農薬・有機野菜の食材宅配は、まずお試しセットから


食材宅配サービスも色々とあるので、まずはお試しセットを購入することをおすすめします。

大地を守る会、らでぃっしゅぼーや、オイシックスなど、有名な食材宅配サービスでは、様々な食材を詰め込んだお試しセットが初回に限り2,000円前後で出ています。野菜のほか、飼料にこだわった畜産物や、素材を厳選した加工物なども入っています。

坂ノ途中は980円からのお試しセットがあり、秋川牧園は山口県・大阪府・京都府・奈良県の方なら1,000円からお試しセットを注文することができます。

減農薬・有機野菜の食材宅配おすすめランキング

数ある減農薬野菜・有機野菜の食材宅配サービスからおすすめをランキングで紹介します。

野菜重視でサービスを選びたい方は参考にしてみてください。

1位大地を守る会(大地宅配)

国産の厳選素材を届けている大地を守る会は、40年の歴史がある宅配サービスです。独自で設けている厳しい農薬基準に従っており、安全性はお墨付きです。大半が有機野菜で、自然な甘さが感じられる物が揃っています。

大地を守る会は、野菜のほかに、パイナップルなどのフルーツも充実しているのでお子さまがいる家庭にはぴったりです。

定期ボックスの旬野菜コースは1セットで4,800〜5,800円と少し高めですが、季節野菜6~7品に加え、肉・魚、大豆製品なども届きますのでスーパーよりとても高いというわけではありません。

もし、もう少しお値打ち感が欲しいと思われる方は、キズありや規格外品などを少しお得な価格で提供している「もったいナイ」というシリーズがおすすめです。

2位らでぃっしゅぼーや

創業当初から「有機農業のあり方」にこだわっているのが、有機野菜の老舗と言えるのがらでぃっしゅぼーやです。土壌にこだわり、試行錯誤して農薬を減らしてきたことには歴史があります。

らでぃっしゅぼー野菜セット「ぱれっと」シリーズでは、毎回5〜16種類の旬の野菜がぎっしり詰め込まれて届きます。

お値段は1回で4,500円からと少しお高めですが、季節の野菜約15品に加え、卵や加工品などがつけられるコースもあります。

野菜はもちろん、果物などもあります。また、「いと愛づらし」など、日本の伝統野菜や少し変わった野菜などが届くコースもありますので国産野菜の知識も増えます。

3位秋川牧園

山口県発信の秋川牧園は、無投薬飼育の鶏肉が有名なファームですが、野菜にも力を入れています。秋川牧園の野菜は、山口県内の5軒の農家のほか、鳥取や島根、九州地方など、西日本を中心とした産地で育ったものです。いずれも化学合成農薬、化学肥料を使用せず、年間50種類以上の野菜を提供しています。

秋川牧園の野菜は、ハウスでの加温なども避けているので太陽の光をたっぷりと浴びた美味しい野菜です。

注文すると、毎週旬の野菜を届けてくれるので、四季の味わいをいつでも楽しむことができます。お値段も他の大手食材宅配サービスに比べるとリーズナブルなのもおすすめです。

例えば、定期会員になると頼める「安心野菜セット」は、1人〜2人家族向けのSSセットで1,100円程度で新鮮な食材が4品も入っているのでとてもお得です。

4位オイシックス

オイシックス(Oisix)は、「自分の子どもに食べさせられる野菜作り」の安心をモットーに、農薬を極力使用せず有機質肥料を使用して栄養たっぷりの野菜や果物を提供しています。

有機野菜などの安全食材を届ける企業として、歴史も実績もあるオイシックス。

商品を一つから頼む場合は、少しお値段が高く感じるかもしれませんが、「畑まるごとセット」や「おたのしみベジフル」などのセットで注文すると、旬のものが詰め合わせで届くのでお得感があります。

「畑まるごとセット」は大地を守る会のお野菜をオイシックスが提供するサービスで、1,500円で5品以上がセットされています。毎週、何が届くかをネット上で公開しているので安心して買うことができます。

「おたのしみベジフル」は980円とお得な価格で、毎週、野菜とフルーツ1点が必ず届くサービスです。何が届くかはわかりませんが、350円から頼めるものもあります。

5位坂ノ途中

京都にある比較的新しい食材宅配サービス。関西を中心に約200軒の農家とつながって、安心な野菜を届けてくれます。セットの野菜についての説明書があるため、調理方法にも困らず美味しくいただくことができます。

京都にある比較的新しい食材宅配サービス。関西を中心に約200軒の農家とつながって、安心な野菜を届けてくれます。

ただ、価格帯はじゃがいも1kgで650円など、「安い」というには少し微妙なようです。

野菜はどれも農薬や化学肥料に依存せず、環境負荷を軽減した農法で育てられているのですが、契約農家はほぼ新規就農者。その支援の意味もあり、お値段設定がお高めになっているのです。

しかし、定期宅配にすれば、旬のお野菜セットのSサイズなら2,250円。7〜9種類も詰め込まれており、珍しい京野菜などが届くこともあります。

野菜宅配サービスの選び方


せっかくスーパーよりも高い野菜を購入するので失敗はしたくないですよね。そこで、野菜宅配サービスの失敗しない選び方を紹介します。

野菜宅配サービスを選ぶ際は次のことに注目してみましょう。

  • 野菜が育っている環境
  • 自社基準に基づく厳チェックが行われているかどうか
  • 配達方法などライフスタイルに合っているか
  • 野菜以外の食材にもこだわりがある
  • カット済み野菜の商品がある
  • お試しセットがある

それぞれ詳しく説明していきます。

野菜が育っている環境

無農薬栽培または減農薬栽培で育った野菜を使用しているのはどのサービスも同じです。

無農薬以外の要素、例えばオーガニックや有機野菜なのかどうなのか、「育てている本人が毎日食べている野菜」などのこだわりを見てみましょう。

自社基準に基づく厳チェックが行われているかどうか

国の基準検査で定められた食材で良いのならスーパーでも十分でしょう。食材宅配サービスでは自社で独自の厳しい食品検査を行っています。検査を厳しくすることでより高い安全性が保証されます。

子どもへ食べさせたりする野菜はサラダなど生で食べることもあるので、こういった安全性にはこだわりたいものですよね。

配達方法などライフスタイルに合っているか

野菜に限ったことではないですが、自宅にあまりいないという方は、配達方法も確認が必要です。

曜日や時間指定ができるかそうか、不在時の保管BOXはあるかなど、せっかくの新鮮な野菜をしっかり受け取れる配達方法があるサービスを選ぶようにしましょう。

野菜以外の食材にもこだわりがある

新鮮といえば野菜だけでなく、たまごや搾りたてのミルクにもあてはまります。農家の他にも養鶏場や牧場などの商品にもこだわりがあるかもチャックしておきましょう。

たまごや牛乳も毎日使う食材だからこそこだわりたいものです。また、たまごなんかは以外にも買い物途中で割れてしまうこともあるので、自宅へ届けてもらったほうが安心です。

カット済み野菜の商品がある

仕事が忙しい方や、料理は好きだけど下ごしらえが面倒という方には、カット済み野菜などがあると便利です。

いざというときに下処理済みの食材が注文できるのも食材宅配サービスの強みになるので、ぜひチェックしてみましょう。

お試しセットがある

お試しセットを販売しているところは、それだけ自社製品に自身があるという証明です。

食材宅配選び失敗しないために

また、面倒な手続きをして入会し「味が合わなかった」「買いたい商品がない」などとならないためにもお試しセットをしっかりお試ししましょう。

減農薬野菜・有機野菜の宅配で健康生活へ

手間ひまかけて育てた減農薬野菜・有機野菜は甘くて美味しく、新鮮な野菜に変えれば野菜嫌いのお子さんも少し好きになってくれるかもしれません。

また、スーパーで販売されている野菜には産地までは記載されていますが、どういった環境の農地で育った野菜かまではわかりかねますよね。

一方食材宅配サービスで出荷される野菜は、実際の農家の方や環境からチャックし上質な野菜が育つ農家だけと契約をしているので、すべてにおいて管理が行き届いているので安全で美味しい野菜を毎日選んで食べることができるのです。

まずはお試しセットから野菜の美味しさを体験してみましょう。食べることが楽しみになるうえからだが喜んでいることも感じられます。

家族で野菜の多い食事に徐々に切り替えていき、健康で元気な日々を目指しましょう。